レーシックと投資

レーシック手術とは

■レーシック手術とは
レーシック手術というのは、近視や乱視といった角膜が原因となっている視力の強制を行うための治療方法です。
レーシック手術ではレーザーを使用して治療を行っていきます。
レーシック手術が成功すると、これまでは眼鏡やコンタクトレンズなどで矯正していた部分が何もしなくてもものを見やすくなるため、目が悪い人からすると、とても魅力的な治療法です。

 

レーシック手術では、最新の精密な機械を使用して角膜を一度開き、角膜の内部にレーザーを照射することによって角膜の内部の形状を正しいものに矯正することによって主力を回復させることが出来ます。

 

レーシック手術は、日本国内では2000年から行われるようになり、まだまだ症例数が少ないのですが、アメリカなど海外では比較的昔から行われています。

 

実際にレーシック手術を受けることによって視力が回復したという人が沢山いますが、レーシック氏実は眼球そのものを矯正することは出来ないので、根本的な視力の回復ができるわけではありません。
そのため、レーシック手術に一度成功したとしても、再び視力が低下してしまうことや、合併症が発症してしまうこともあります。

 

また、レーシック手術は角膜に病気がある人や、緑内障や白内障といった目の病気がある場合は受けることが出来ないという可能性もあります。

 

これらのメリットとデメリットをしっかりと踏まえた上でレーシック手術を受けるかどうかを判断するようにしていきましょう。