レーシックと投資

フェイキックIOL

■フェイキックIOL
フェイキックIOLは「有水晶体眼内レンズ」という特殊なレンズを角膜と虹彩の間に挿入することによって視力を矯正するレーシック手術の一種です。
通常のレーシックであれば、角膜を削り取ることによって視力を矯正するわけですが、フェイキックIOLでは、眼の中にコンタクトレンズを挿入することによって視力を矯正していきます。
フェイキックIOLはクライアントの水晶体を維持した状態でレンズを挿入することになるわけですので、水晶体そのものがもつピント調節機能が活きています。
そのため、近くのものに対してもピントを合わせやすいので、比較的視野が広がりやすいという特徴があります。
ただし、注意点として老眼のある人がフェイキックIOLを受けた場合は遠くに視力を合わせることになるため、近くを見るためのメガネが必要になる場合があります。

 

●フェイキックIOLのメリット
フェイキックIOLの最大のメリットは、角膜の厚さに関係なく手術を行うことができる、という点にあります。
レーシックは角膜が薄い人、あるいは近視が強い人の場合効果が表れなかったり、そもそも施術を受けることができない場合がありました。
しかし、フェイキックIOLはこれらの問題をクリアすることができます。
また、直接目に挿入するので、特別なケアをする必要がありません。

 

●フェイキックIOLのデメリット
フェイキックIOLのデメリットはなんといっても手術にかかる費用が高いということです。
目に挿入するレンズは完全オーダーメイドになります。